教育活動

レジリエンス研究教育推進コンソーシアムは、これまで参画機関が培ってきた
知識や技術を筑波大学の新たな学位プログラムに実装し、
レジリエンス社会の実現を推進する人材を育成します。

 

本コンソーシアムが目指す人材育成の概要

本コンソーシアムが目指す育成像とは?

  • 現代社会における不測の事態や状況の変化に柔軟に対応し、求められる社会的機能を維持提供し続け回復するための研究力と実践力をもった人材を育成します。

 

本コンソーシアムが提供する多様な教育的手法

  • 本コンソーシアムの学術的な資格をもった優秀な研究者が学生の研究を指導します。
  • 専門性の高い研究者が、リスク・レジリエンスに係る最新のトピックを講義します。
  • 参画機関の施設において、専門性の高い知識や技術をもった研究者の指導のもと、実務経験を積む2~3か月のインターンシップを実施します。
  • 様々なスキルごとに、質的かつ量的な学習到達度評価を行います。
  • 人材育成のシステムを、PDCAサイクルによって絶えず見直します。

 

 本コンソーシアムが提供する充実のコンテンツ

  • 研究課題に沿った主指導
  • 産学連携によるトランスボーダー的な副指導
  • 各界トップクラスの研究者による講義・演習・インターンシップ

(具体的な授業科目の例)

授業科目名 担当機関(筑波大学を除く)
リスク・レジリエンス工学概論 大日本印刷、日本電気、電子航法研究所
ヒューマンファクター特論 日本自動車研究所
セキュリティ論考特論 セコム
災害リスク・レジリエンス論 防災科学技術研究所
環境・エネルギー・安全工学概論 産業技術総合研究所、電力中央研究所
リスク・レジリエンス工学修士インターンシップA・B 全機関

リスク・レジリエンス工学学位プログラムは、現行のリスク工学専攻を改組・再編し、他に類を見ない協働大学院方式の学位プログラムとして設置を構想しています。
(リスク工学専攻ウェブサイト http://www.risk.tsukuba.ac.jp/