コンソーシアム概要

世の中を、リスクで診る。レジリエンスで、未来を看る。

近年の社会情勢の不安定化により、従来のリスクマネジメントの考え方・方法論では対応できない不測の事態が数多く発生し、リスクマネジメントを超える新たな概念が希求されるようになってきています。そのような状況を背景として、「不測の事態や状況の変化に柔軟に対応し、求められる機能を維持提供し続け、回復する能力」であるレジリエンスが、リスクに代わる新たな概念として注目されています。

これらに対応するため、レジリエンス研究教育推進コンソーシアムは、企業、研究機関、大学の協働により、2017年12月26日に発足しました。本コンソーシアムは、リスク・レジリエンス分野のセミナー、講演会、研究会、シンポジウムなどを開催し、新たな研究領域を探究するとともに、参画機関の知の協働により筑波大学に設置されている学位プログラムの運営母体となり、アカデミックなグローバル人材を育成する礎となります。

概念図

参画機関一覧

  • セコム株式会社
  • 大日本印刷株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 東急プロパティマネジメント株式会社
  • NTT宇宙環境エネルギー研究所
  • 一般財団法人 DRIジャパン
  • 一般財団法人 電力中央研究所
  • 一般財団法人 日本自動車研究所
  • 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所
  • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
  • 国立研究開発法人 防災科学技術研究所
  • 独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所
  • 國家災害防救科技中心(National Science and Technology Center for Disaster Reduction) (台湾)
  • 国立大学法人 筑波大学

沿革

2021年10月13日 NTT宇宙環境エネルギー研究所が参画、参画機関は14機関に
2021年4月1日 現13機関体制に
2020年10月16日 東急プロパティマネジメント株式会社(旧:東急ファシリティサービス株式会社)が参画、参画機関は14機関に
2018年9月18日 スリーエム ジャパン株式会社が参画、参画機関は13機関に
2018年5月25日 國家災害防救科技中心(台湾)が参画、参画機関は12機関に
2017年12月26日 レジリエンス研究教育推進コンソーシアム発会
参画機関は、セコム、大日本印刷、日本電気、DRIジャパン、電力中央研究所、日本自動車研究所、電子航法研究所、産業技術総合研究所、防災科学技術研究所、労働安全衛生総合研究所、筑波大学の11機関

活動履歴

2021年10月13日 第11回運営委員会(オンライン開催)
第4回シンポジウム「ニューノーマルに拠るレジリエンス社会の実現に向けて ~COVID-19がもたらした気づき~」開催
2021年6月8日 第4回総会・情報交換会(オンライン開催)
2021年2月3日 第10回運営委員会(オンライン開催)
第3回シンポジウム「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に学ぶ これからのリスク・レジリエンスのあり方」開催
2020年10月29日 レジリエンス研究教育推進コンソーシアムと協力機関による合同ミーティング(オンライン開催)
2020年9月15日 第3回総会(オンライン開催)
2020年4月1日 協働大学院方式による筑波大学大学院 理工情報生命学術院 システム情報工学研究群 リスク・レジリエンス工学学位プログラム設置
2020年3月5日 運営委員会(オンライン開催)
2019年10月25日 関西大学にて運営委員会
Joint Seminar 減災・レジリエンス研究教育推進コンソーシアム共同シンポジウム「『想定外』を想定できるこれからの人材育成とは―教員・学生・企業の視点から―」開催
2019年10月3日 筑波会議2019サブセッション「レジリエンス社会の実現に向けた防災・ヒューマンファクター・サイバーレジリエンス」開催
2019年6月3日 日本自動車研究所にて総会、見学会
2019年3月26日 國家災害防救科技中心(台湾)にて運営委員会、見学会
リスク・レジリエンスセミナー「Creating Safety and Security」開催
2018年12月14日 運営委員会
第1回シンポジウム「安全・安心を創る~レジリエンス研究教育推進コンソーシアムが目指すもの~」開催
2018年11月27日 大日本印刷にて運営委員会、見学会
2018年9月18日 産業技術総合研究所にて運営委員会、見学会
2018年7月19日 セコムにて運営委員会、見学会
2018年5月25日 防災科学技術研究所にて運営委員会、見学会
2018年3月9日 共同記者発表・運営委員会